10月度支部会員支援例会

 

10月度支部会員支援例会

 

日時:2011年10月24日(月)18:30~21:00

会場:ハートピア京都

報告者:瀬尾真司氏(素+象建築設計事務所 代表者)

 

左京支部新会員の瀬尾さんは、独立開業前に務めておられた設計事務所で、老人福祉施設の設計を数多く担当されておられました。当時4人1部屋という主流から「お年寄りの尊厳を守る」という観点に立ち全室個室の提案やそのノウハウをもとに地域に密着した福祉施設の設計に特化した形の設計事務所として活動されておられます。

今回のご支援要望は下請けからの脱却と元請けへの転換を図るには、どのようにすればよいかという内容でした。

グループ討論による参加会員から多くの気づきあるご意見があり、今後に生かしていただければ幸いですね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    片山善晴 (木曜日, 27 10月 2011 09:07)

    おはようございます。 今回も皆さんいいお顔ですね(^.^)
    3グループからそれぞれ違う角度で素晴らしい助言を頂きました!
    瀬尾さんお疲れ様でした。皆様次回も宜しくお願いします。


  • #2

    中内基 (木曜日, 27 10月 2011 11:00)

    今回も左京支部らしい例会でありました。
    職業や立場が違えば理解しにくいところもあるかもしれないけれど
    こういう社会で戦う者同士、経営者として孤独にならず気楽にできるかぎり話そう。
    左京支部の仲間はうわべのじゃなくそうゆう思いがあって恵まれていると思う。
    瀬尾さんの話は僕も勇気をもらいました。これからもよろしくお願いします。

□事業案内

____________

 

編集・更新

中小企業家同友会左京支部

広報はばたき委員会

____________