2011年1月 支部会員支援例会

 

2011年1月 支部会員支援例会

 

日時:2011年1月25日(火)18:30~21:00

会場:ハートピア京都

報告者:島本猛男氏 (株)ライフ住宅 代表取締役

 

 

 島本さんは20歳から不動産業に携わってこられ、31歳の若さで起業されました。主に不動産売買の仲介をされていますが、不動産のフランチャイズチェーン店であるセンチュリー21に加盟、持ち前のバイタリティでグングン営業成績を伸ばしておられます。

 3年後にはもう1店舗の開業と、センチュリー21京滋ブロックチェーンNo.1をめざし、5年後には関西地区No.1を獲得したいと願っておられます。もう一段のステージアップを目指して、自分自身がどのようなリーダーシップを発揮すべきかを問われました。

 

 報告の後、5つのグループで討論が始まりました。今回すごいと感じたのは社員さん全員が例会に参加し、各グループに入ってグループ討論をされたということと、3つのグループではその社員さんがグループ発表をされたことです。

 

 これは今までにはない画期的なことだと思いました。大原研修委員長がまとめで言われましたが、中小企業においては「真に機能する全社一丸体制」を作ること、そのためには社員が会社の将来を自分の生活とオーバーラップし、決して潰してはならない会社をめざし、社員みんなで守り抜く決意を持つこと、そのためには社長も社員も家族の一員として全員が励ましあい協力する体制を確立することだと。

 

 グループ討論の発表では厳しいご意見も多々ありました。それらを真摯に受け止め参加された社員さん一丸となって、新しい目標に向かって邁進されることを宣言されました。

 

今後の(株)ライフ住宅販売様のますますのご発展をお祈りしたいと思います。

 

 

□事業案内

____________

 

編集・更新

中小企業家同友会左京支部

広報はばたき委員会

____________